インフォメーション1

カスタム投稿タイプ

このブログはサンプルも兼ねています。
ここでは「カスタム投稿タイプ」の一つの例として
トップページに表示する「お知らせ」としての使い方を挙げています。

続きを読む

インフォメーションの1と2は一つの記事を異なったフォーマットで表示させています。
インフォメーション1の方はタイトルとコメントが、
インフォメーション2の方はタイトルと日付がそれぞれフロントページだけに表示されるように設定しています。
また、2の方はタイトルをクリックすれば、その記事の詳細のところにジャンプするようにしています。
その際、テーマのファイルを操作すれば、この例のようにブログ本体とは違ったデザインにもできます。
詳しくはメニューのEXTRA→NOTEBOOK→MEMO-1をご覧ください。

詳細ページを表示させる

1件毎の個別ページを開くよりも
全件を1ページにまとめて表示します。

続きを読む

インフォメーション2のタイトルをクリックすると
記事がループ表示されるように設定しています。
その際、投稿(記事)IDを取得して
直接個々の詳細へとジャンプするように設定します。
カスタムフィールドを使う方法もありますが、
記事を追加する際には設定を忘れがちになりますので
お勧めはできません。
ここの例ではブラウザのサイズを小さくしないと、
目的のところにジャンプしているかの確認はできません。

サイドバーにも表示させています。

インフォメーションというタイトルでサイドバーの下の方にも見出しだけ表示させています。

続きを読む

これも一つのカスタム投稿タイプを違った形で表示するというサンプルです。
導入にはやはり”Custom Post Type List Widget”というプラグインを使用しています。

営業日カレンダー(サンプル)


スパムコメントの対策をしているのに被害にあう

このような場合は一度コメント一覧を表示して、
「返信先」の列に「添付ファイルのページを表示」というリンクがないか確認します。
ある場合は、この「添付ファイルのページ」のコメント欄からコメントしているのです。
記事に画像を貼り付けないのなら、この手のスパムは受けないとも言えます。
対策としては、添付ファイルのページにコメント欄を表示させないようにすることや
添付ファイルのページにアクセスさせないようにすることなどが挙げられます。

やっと出た「うれしいお知らせです。」というメッセージ

Windows 10からWindows 11へアップデートできるか調べるアプリを実行すると、
問題ない場合は「このPCはWindows 11の要件を満たしています。」というタイトルの下に
表示される最初のメッセージです。
問題ありの場合はその理由を教えてくれるのだが、具体的な解決策が提示されていないように思う。
筆者のPCはセキュアブートが有効になっていないのがNGで、
ただ単にBIOSを弄ってそれを有効にすれば良いという訳にはいかなかった。
色々と調べて最終的に問題解決に至った方策は、BIOSのモードをレガシィからUEFIに変換するというものであった。
これらを変換するコマンドは最初からWindows 10には備わっていて、やり方もそんなに敷居が高くない。
変換にかかる時間も驚くほど短い。
セキュアブートを有効にできなくて困っている方は、この方法を一度試してみては如何でしょうか。
OSそのものやアプリケーションソフトおよびそれら関連のデータを保ちつつ作業ができます。

Google Chromeのバージョンアップでfont-family指定が効かない問題

これからWebデザインをする場合はfont-familyの指定はより注意が必要です。
どうしてかというと、CSSで不通にフォントを指定してもそれが反映されない場合があるからです。
同じfont-sizeでもフォントによって微妙に大きさが違うため、
ページ全体のレイアウトに影響してくる場合があります。
このことを知っていないと、Chrome以外のブラウザで正常に見えていたとしても
Chromeで見たときにレイアウトが崩れていて愕然とすることになります。
これからはChrome主体でデザインしていかなければならないと言えるかもしれません。
Googleとしては自社のWebフォントを使わせたいのでしょう。
しかしながら、どうしてもWebフォントにはないものを使いたいときは
サーバーにフォントのファイルをアップして、それを読み込ませるという方法があります。
事実、このブログでもその方法を採用しています。
デメリットとしては、読み込みに少し時間がかかること。
それ以外にサイズが微妙に違うのと文字自体の質が少し荒い気がします。
これらの原因は恐らくサイズを圧縮しているからではないかと思われます。
W3Cで策定したものを効かなくするGoogleのやり方はデザイナー泣かせですね。

またまたリアルタイムカレンダーの話題

2020年と2021年のスポーツの日は移動しているので、
10月の第2月曜日となっていたら
それは間違いです。
dayChecker.jsの10月のところを
条件分岐で2020年と2021年を除外する必要があります。
祝日が変更になると、こんなにも大変なことになるとは・・・。
まあ、その分勉強になるんですけどね。

前の記事に関しての反省

“dayChecker.js”を変更して正しく表示されていたのは先月までで、
今月になって確認したら「山の日」が11日になっていました。
理由は明らかにスクリプトにミスがあったからです。
“dayChecker.js”をここから持っていった方がいらっしゃたら、
即正しいと思われるもの(ここのは当てにならなりません)に変更してください。
というか、元来”dayChecker.js”に関する記事は書くべきではありませんでした。
他所からスクリプト持ってきて、必要と思われる個所を書き加えて
表示させていたわけだから、自慢げに記事を書いたことを反省しています。
来年からは「海の日」「スポーツの日」「山の日」はまた元に戻るので、
その辺もスクリプトは正確でないといけません。
くれぐれもご注意なさってください。

リアルタイムカレンダーのデータは早急に変更を!

小粋空間さんのところで配布されているリアルタイムカレンダーというプラグインを使っておられる方は“dayChecker.js”を変更する必要があります。
どうしてかというと、天皇誕生日やオリンピックイヤーに伴う休日の設定などが適切ではないためです。事実、変更していない場合は、今月の23日は平日表示になっているはずです。逆に去年の12月のカレンダーを表示してみると、23日が休日になっています。
五輪が延期になったせいで、今年のカレンダーは誤表記のものが結構あるようです。勘違いして平日なのに欠勤しないように注意しなければなりません。
まさかワードプレスのカレンダーを見て出勤するかどうかを決めている人はいないと思いますが、あとで恨まれることにならないようにしておきましょう。
来年になったら、スポーツの日などはまた元に戻るのでしょうか。もしそうなら、またデータを変更する必要があるんですね。

FFFTP Ver.4.7におけるエラーメッセージについて

FFFTP Ver.4.7にバージョンアップしてサーバーにアクセスしようとすると
“INIファイルに設定が保存できません”というエラーメッセージが出る。
これは終了時にも出る。
「OK」ボタンをクリックすれば普通に使えるのだが、
いちいちクリックするのも面倒だからググってみた。
ところが、素人にも簡単かつ的を射た解決策が載っていないようだ。
INIファイルに設定が保存できないのはアクセス権がないのが原因ではないかと思い、
アクセスできるように設定を変更してみた。
結果は想像した通り、見事にエラーメッセージが出なくなった。
では、変更方法を分かりやすく書いておきます。
1.FFFTPのプログラムが入っているフォルダを開く。
2.ffftp.iniファイル(種類は「構成設定」となっている)を右クリック。
3.「プロパティ」を選択。
4.「セキュリティ」タブの「編集」をクリック。
5.Usersをクリックして、下に表示される「アクセス許可」の枠内にある「書き込み」の許可にチェックを入れる。
6.「OK」または「適用」をクリック。
以上で、問題は解決されるはずです。
ただし、この記事を書いた11月末以降では、プログラム自体で問題が解決済みかもしれません。

新たなトラブルに遭遇

WPをバージョン5.5.1に更新したら、コメントが表示されないというトラブルに見舞われました。
解決策をググってみると、まあ色々と出てきますが
今回のケースに関しては的を射ていないものばかりです。
解決策の代表的なものとしては、プラグインが悪さをしているというもの。
あとは、コメントを表示させるコードが抜けていることを疑わせるもの。
これらをすべて検証してみましたが、トラブルを解消するには至りませんでした。
問題解決のために、まる一日はまりそうになりましたが、
意外と直ぐに閃きました。
これはテーマそのものに問題があるのではないかと。
筆者の場合、テーマのフォルダ名を自分好みに変更していますので、
ダッシュボード内で更新をかけてもテーマフォルダの中身は更新されません。
以下、実際に問題解決に至った方法です。
ただし、子テーマを作っていることが絶対条件です。
作っていないのであれば、編集済みのファイルを上書きしてはいけません。
先ず、テーマそのものをダウンロードして解凍します。
次に、style.css以外のすべて(サブディレクトリは必要ない)をFTPソフトを使ってリモートフォルダに上書きします。
気を付けなければならないのは、ローカルフォルダに上書きをしてはならないということです。
これさえしなければ、失敗しても元の状態に戻せるので安心です。

一行のポエム

”小さいと思うのですが、大人用ですか”

言わずと知れた「アベノマスク」について、
厚労省に寄せられた問い合わせのひとつだ。
総額466億円もかけてゴリ押しされた愚策だが、
あるアンケート調査によると70%を超える人が
使わないと回答しているらしい。
仮に70%丁度として計算すると、約362億円が
無駄だったということになる。
その分を何か他のことに役立てて欲しかったですね。