>>>11件の記事があります。

Akismet使用の際に起こるかもしれないトラブル

最近コメントの承認を求めるメールが急に増えたなと思って調べたら、
プラグインを有効にしているにもかかわらずAkismetが効いていないことが判明した。
もちろんコメントはすべてスパムであった。
どうしてAkismetが有効になっていないことが判るかというと、
Akismetの設定をするページを開くと一番上に下のようなものが表示されているからだ。
原因と解決法をググってみても中々出てこない。
仕方ないので自分で問題解決することに・・・。
結論から言うと、原因はfunctions.phpの中にあった。
便利な機能だからといって何でもコピペして採用しているとこんな結果になるなんて、
これはひとつの戒めとして心に留めておくとしよう。
同じ問題に遭遇したら、注意書きは一先ず置いておいて
functions.phpの中を今一度見直してみてください。

この料金は、果たして適正なのかな?

何のことかというと、ウェブサイトの制作料金です。
最近某ドメイン提供の会社がウェブサイト制作を始められたとか。
色々な内容の料金が提示されていますが、まあこれが一般的な料金なのでしょうね。
メジャーな会社の、この料金表の提示はある意味では非常に有難いことです。
右も左も分からない、これからウェブサイト制作を依頼しようという人にとっては
大いに参考になるでしょうし、弊社のような細々とやっているところにとっても
料金を比較参考にしてもらえることは願ったり叶ったりです。
同じ結果が得られるのなら、楽な方とか安い方が良いに決まっているという
この合理主義の世の中で、どちらを選ぶかはクライアントさんですけどね。

Lightboxを使用するときの問題点

Ver.4.4より画像を挿入する際に「リンク rel」という値が自動的に付されるようになったことだ。
「リンクrel」が付されることによって、どんな拙いことが起きるかというと
挿入した画像がカッコよく拡大されないのだ。
何かこのことに限らず、バージョンアップのときに余計なことをしてくれることが多いように感じる。
これって、あくまでも私見であって逆に助かる人が多いから、そのような変更がなされているんだろうなぁ。
問題の解決策としてはfunctions.phpファイルに、relの値を書き込ませないようなというか、
removeだから取り除くようなコードを書き加える方法がある。
まったく、ひと手間かけさせるよな~。
因みに下のように試してみると、このブログでは不思議とそのような方法を取らなくても
relの値が付されることはない。
画像挿入のテスト

W杯予想って色んなところで見かけたけど・・・

今度ばかりは脚光を浴びている人はいないようだ。
前回大会の時に話題になった人も見事はずしているし・・・。
予想は直感的なものであって、当たればもうけものといったところが大きい。
予言となると、何か神がかっているようでどこか信じている自分がいる。
色々なことを言い当てている人の予想となると尚更である。
本人は外れたときのことを考えてか、予言という言い方は避けている場合が多いようである。
サッカーのことをまったく知らない人の方が、むしろ邪念がない分
当たるような気がするのだが、引き分けがあるということぐらい知らせておかないと
可哀想ではないのかな。
正直言って、今回のW杯も誰かが言った1勝2敗という予想を信じながらギリシャ戦を観ていた。
コートジボワールに負けたあと、コロンビアにはとても勝てそうにないので
ギリシャには絶対勝つと思っていたのに・・・。
途中11人対10人になったときには、その思いは一層強まった。
結果は残念ながら引き分け。
この時点で、予想のことを口にする人はいなくなり、あとは奇跡を信じるなんてことばかり言っている。
まあ、負けに等しい引き分けだから、百歩譲ってこれを仮に負けと数えるならば
コロンビアには勝つということになるのではないか。
予想をはずした人は、グループリーグ敗退は当てたねって言うだろうね。
まあ、今度からは予想とか予言とかいう言い方はやめて、希望的観測と言った方が良さそうだ。

おもしろい現象

一昨日アマゾンで電動歯ブラシの替えブラシを注文したところ、
何と次の日の午前中には商品が届いた。
もっと驚かされたことは、そのときには未だ商品を発送した旨のメールは届いていなかったのだ。
確かにお急ぎ便の無料登録はしたが、ここまで速いとは・・・。
まあ、地理的なことが大いに関係していることは疑う余地はない。
ロケーションが悪ければ、届くまでにもっと時間がかかっていたはずだ。
先日ニュースで伝えていたリモコンの輸送用ヘリを使えば、その日のうちに届くのは確実だ。
ただ、これにはかなりの条件が付くのだろう。
物理的な観点からは光回線が一番速いわけだから、メールが一番でなければならないのに
遅れたということは、配送担当者の怠慢でしょう。

ありがた迷惑な機能

ロリポップには、ウェブページを不正に改ざんされるのを防ぐためのWAFが導入されており、
これを有効にするかどうかはユーザー次第である。
ただ、以前に大規模なサイバー攻撃を受けてからは、ロリポップの方でこの機能をすべてのドメインに対して
有効に変更したんじゃなかったかなぁ。
このことを忘れている人は、例えばCGIでスクリプトの設定をブラウザ上で行うときは
真っ先に思い出す必要がある。
忘れている場合は、自分の設定ミスが原因ではないかと思い込み、
リモートフォルダやファイルの属性やパスを確認したり、
htaccessファイルを疑ったりと色々思い悩むことになる。
もし、以前は確実に機能していたのであれば、これはもうWAFが原因だと考えましょう。
大体筆者が運営しているような稚拙なサイトなど、誰も改ざんしようなどとは思わないでしょう。
ただ、心配性なクライアントさんには説明して理解してもうらうまで大変です。

ウェブサイト制作会社として失格じゃないのか

他社さんのことをとやかく言うつもりはないが、
掲示板を付けておいてスパムコメントをやられ放題とはどういうことなのか。
「掲示板改造支援サイト」というサイトなどもあるし、記事を参考にすれば
素人でも簡単にスパムコメントに対する対策は講じられるはずだ。
コメント欄にURLを書き込めないようにしたり、合言葉を決めておいたりとか色々と
対策はあるが、簡単に直アクセス禁止にした方が分かり易くて投稿者にかかる負担も
少ないのではないかと思う。
何でこれぐらいのことができないのか不思議だ。
まあ、そんな技術力のないところは掲示板もiframeで埋め込んでいるから
色々と不都合も起きてきている。
そこの掲示板を見て気付いたのだが、最近のスパムは以前のように
URLのら羅列というのは少なくなっているようだ。
以前対策で流行った日本語がないコメントはNGというのを避けるために、
訳の分からない日本語が入っている例も少なくない。
まあ、やる方とやられる方のイタチゴッコになるようだが、
筆者のお勧めの対策は第一に上にも書いた直アクセスNG、
第二は投稿キーシステムの導入かな。
または念のため両方とも導入なんていうのはどうかな。
いずれも簡単で、効果は抜群だ。

新駅の提案

ついこの間、山手線の新駅のことが話題になったが、
これは乗客の利便性や街の発展のことを考えてのことに違いない。
私ももう何年も前からある所にもし駅があったら、
どれくらいの人が助かるだろかと思い続けている。
ある所とはJR九州鹿児島本線と西鉄天神大牟田線が交差している地点だ。
詳しく言うと、鹿児島本線の笹原-南福岡間、天神大牟田線の井尻-雑餉隈間で
両路線が交差している所だ。
大都会の人には考えられないだろうが、
ここには乗り換え駅がないのだ。
昔から国鉄と西鉄は仲が悪かったと聞いたことがあるが、
ここはお互いに歩み寄って利用者と街の発展のことを考えて欲しい。
両社にとってプラスになることはあってもマイナスになることは
決してないと思うので、乗り換え駅の新設を是非とも実現してして欲しい。
市や街の発展につながるのであれば、行政が先頭になって動くのが
当然のことかもしれない。
ちょっと発想が飛躍し過ぎるかもしれないが、
ここは東京に例えるなら、下北沢的な存在になり得るのではないだろうか。
一件の小さな記事が世の中を大きく動かすきっかけになることを祈る。

前の記事のつづき

同じ味を求める方法はないのか、復刻版を出す予定はないのかなど
悩んでいるだけではどうしようもないので、直接会社に問い合わせてみた。
すると下の通り、丁寧なメールが返ってきた。
下の方にメールの転用2次利用は遠慮して欲しいと書いてあるので、
一部モザイクをかけています。
返答には指摘のラーメンが日本初の粉末スープ別添商品であったこと、
また後にジンジャースパイスパックを付けたことなどが書いてありました。
今のところ復刻版を出す予定はまったくないそうだ。
まあ、今回のことで知らなかったことも分かったし、こちらの思いも
伝えられたので、問い合わせたことは良かったと思っている。