>>>21件の記事があります。

またまたリアルタイムカレンダーの話題

2020年と2021年のスポーツの日は移動しているので、
10月の第2月曜日となっていたら
それは間違いです。
dayChecker.jsの10月のところを
条件分岐で2020年と2021年を除外する必要があります。
祝日が変更になると、こんなにも大変なことになるとは・・・。
まあ、その分勉強になるんですけどね。

前の記事に関しての反省

“dayChecker.js”を変更して正しく表示されていたのは先月までで、
今月になって確認したら「山の日」が11日になっていました。
理由は明らかにスクリプトにミスがあったからです。
“dayChecker.js”をここから持っていった方がいらっしゃたら、
即正しいと思われるもの(ここのは当てにならなりません)に変更してください。
というか、元来”dayChecker.js”に関する記事は書くべきではありませんでした。
他所からスクリプト持ってきて、必要と思われる個所を書き加えて
表示させていたわけだから、自慢げに記事を書いたことを反省しています。
来年からは「海の日」「スポーツの日」「山の日」はまた元に戻るので、
その辺もスクリプトは正確でないといけません。
くれぐれもご注意なさってください。

リアルタイムカレンダーのデータは早急に変更を!

小粋空間さんのところで配布されているリアルタイムカレンダーというプラグインを使っておられる方は“dayChecker.js”を変更する必要があります。
どうしてかというと、天皇誕生日やオリンピックイヤーに伴う休日の設定などが適切ではないためです。事実、変更していない場合は、今月の23日は平日表示になっているはずです。逆に去年の12月のカレンダーを表示してみると、23日が休日になっています。
五輪が延期になったせいで、今年のカレンダーは誤表記のものが結構あるようです。勘違いして平日なのに欠勤しないように注意しなければなりません。
まさかワードプレスのカレンダーを見て出勤するかどうかを決めている人はいないと思いますが、あとで恨まれることにならないようにしておきましょう。
来年になったら、スポーツの日などはまた元に戻るのでしょうか。もしそうなら、またデータを変更する必要があるんですね。

ちょっとおかしな現象が・・・

メインのサイトとブログでは”Multi Device Switcher”というプラグインを使って
PC版とモバイル版を切り替えるようにしていますが、
グーグルとヤフーの検索エンジンではモバイル版がキャッシュされています。
もちろんPC版がキャッシュされて欲しいところですが、
これには何か良い解決策があるのでしょうか。
ヤフーの方はメニューボタンが効きませんので、他のページを開くことができません。
これはプラグインのバグと判断しても良いのかなぁ。

camera.jsの配布元について

残念ながら制作者の方がサイトを閉じられたみたいで、今はアクセスしても”Not Found”になってしまいます。
よってファイルのダウンロードができないかと思いきや、下のサイトからダウンロードできます。
github.com/pixedelic/Camera
いずれこのサイトにもアクセスできなくなってしまうかもしれないので、
導入をお考えの方は早めに実行された方がよろしいかと思います。
まあ、スライダーのスクリプトは他にも色々とありますが、
引き出しのひとつとして持っておくことは損ではないと思います。

※加筆(2021/03/02)
現在は製作者の方がサイトを復活させているようですね。↓
www.pixedelic.com/plugins/camera/
ちなみに、前に紹介したURLにもこのリンク先は載せてあります。

Custom Permalinks 導入の際に404エラーでお困りの方へ

ただ単に.htaccessファイルの問題かもしれません。
何を隠そう筆者もこのトラブルで導入を諦めるところでした。
その上、機能しないのはプラグインのせいだと決めつけるところでした。
トラブルは.htaccessファイルが基本形になっていないのが原因で起きていました。
最初からマルチサイトになっていれば、このトラブルは起きないはずです。
Codexのサイトに行って基本形を拾い、従来のものと差し替えてみましょう。
このプラグインは本当に優れもので、筆者のブログのような運営をしている場合には
固定ページやカスタム投稿タイプのパーマリンクを訳の分からないような文字や記号の並びにしないで済みます。
しかも検索エンジンに載っている変更前のURLでもデットリンクにはなりません。
評価☆一つとか二つにしている人は、きっとトラブルが解決できなかったんでしょうね。
筆者は100点満点だと120点は付けたいプラグインだと思います。

無限ループに陥るの巻

どういうことかというと、ブログの設置サンプルで用意しているサイトが
読み込みの際に中々完全にロードされないので、異なるブラウザで同時に表示させてみたところ、
片方で途轍もないスピードで読み込みを繰り返している現象が見られた。
一体いつからこうなっていたんだろう?
更新はしなくても時々は見るようにしないと・・・。
トラブルの解決には少し時間を要したが、現在は元通りというか普通に見ることができる。
原因は何だったのかというと、更新が何年もなされていないプラグインが他のプラグインと
コンフリクトを起こしていたようだ。
その証拠にそのプラグインの使用を止めると、あっさりと問題が解消された。
WordPressの進歩は速いので、プラグインの中にはそれについて行けてないのが結構あるじゃないのかなぁ。
無料で使わせてもらっている手前、ユーザーとしては何の文句も言えないのが辛いところだね。

マルチサイトでウィジェットを共有する

下のコードで簡単にできますよ!なんて書いてあるのを見つけてやってみると、
結局できなくてはまってしまっている人が結構いらっしゃるみたいですね。

<?php
switch_to_blog(n); //nはサイトIDの数字
dynamic_sidebar( 'XXX' ); //XXXはサイドバーのID名
restore_current_blog(); //元のブログに戻すためのコード
?>

何を隠そう私もそのうちの一人で、以前は”Global Content Blocks”というプラグインの力を借りて
何とか表示できていました。
しかし、いつの間にかこの方法もNGとなり、色々と方法を探っていたところ
“Multisite Shared Sidebar”というプラグインを見つけることができました。
作者は日本の方ですから、使い方も分かりやすく説明してあります。
ただ、ちょっと説明不足のところがあると感じたのは
プラグインの有効化はネットワーク全体でしなければならないというところです。
あと、ウィジェットの一部分を取得ということはできないようです。
表示させたくない部分はCSSのdisplay:none;で対応させましょう。
DEMOとしてはサイドバー一番下の”Affiliate”がそうです。
このプラグインはファイル数も少ないし、何よりも分かりやすいので、
絶対にお勧めです。

遅ればせながらrealtime-calendarの変更

もう先月のことになってしまいましたが、
山の日が祝日なのに背景色が平日のようになっていたので変えてみた。
8月11日の固定だからコードの追加も簡単です。
他の固定の祝日のコードをコピペして、
必要な箇所を変更すればハイお終い!
というか、ちゃんと表示されるか確認をして本当の作業完了。
余談ですが、今の天皇が生前退位したら
天皇誕生日はどうなるんでしょうか。
もちろん変更になるんでしょうが、
12月23日は平成の日なんかとして祝日になるのだろうか。

tablepressのID番号が変更できないとき

先日テーブルのデータをインポートしたときに遭遇したトラブルです。
インポートそのものは簡単に成功したのですが、
ID番号が元のデータとずれていたので変更を試みました。
しかし、何度やっても受け付けてくれません。
焦って、折角インポートに成功したデータを一旦消去して、
もう一度やり直すことに・・・。
すると今度は、ID番号が一桁増えた状態で現れるという始末。
どうすれば問題が解決できるのか?
ググってみても、同じようなトラブルに遭遇した人がいないせいか
ズバリこれという解決策は見つからない。
仕方ないので、自分なりに色々とやってみました。
結論からいうと、データベースを弄るしかありません。
“wp_options” の中に “tablepress_tables”というのがあります。
問題の原因は”last_id” の値にあったのです。
例えば、値が既に “1” となっていれば、新しくインポートされる
テーブルのID番号は “2” から割り振られることになります。
筆者の場合は、そこの値を “0” にするのではなく、
テキストエリア内を全部削除してから
インポートをやり直したところ上手くいきました。
削除ではなくアレンジを加えたい場合は、いつでも元に戻せるように
エディタなどに内容をコピペしておいて作業を進めた方が無難です。