>>>60件の記事があります。

機能を盛り込むことは大切かもしれないが・・・

その前に色々と簡素化できるところは、思い切って実行していくべきかもしれない。
例えば、典型的なものがカスタムメニューのクラス名だと思う。
一見してあんなに必要なのかと目を疑ってしまう。
このブログでもちょっと実行してみた。
従来自動で付くものはフィルターで取ってしまっても良いのではないか。
しかしながら、当然残すべきものもある。
current-menu-itemは良い例だろうし、ポップアップメニューにするのなら
current-menu-parentも残すべきだろう。
階層が深くなれば残すべきものが増えるのも当然と言えよう。
素人目にはbodyタグに付くクラス名もあんなに必要かと思ってしまう。
まあ、一番すっきりさせたいのはheadタグ内ではないだろうか。
使っているプラグインの数が多いのも原因の一つで、訳の分からないソースの多いこと多いこと。
ここを見ると、何だか自分の机の上に似ているような気がする。

ワードプレスにおける改行問題

これは、はっきり言って有難迷惑な機能によるものではないだろうか。
つまり問題とは、フォーマットの自動修正機能によって、BRやPタグが消されてしまう現象のことなのかな。
スペースを広げるためにエンターキーを多く使っていると、ワードプレス側で勝手にタグを減らされてしまうってこと。
調べてみると、解決策としてプラグインを使うやり方とかfunctions.phpに直接コードを
書き込むやり方などが紹介されている。
この機能が要らない人は、何でオプション指定じゃないんだろうかと思っていることだろう。
プラグインを使うなら、上の願いが叶うTinyMCE Advancedが良いだろう。
また、このプラグインを使えば、投稿を効率良く編集するための機能をツールバーに加えることができる。
翻訳もされているので、インストールしても損はしないと思う。

アップロードの制限容量を規定値より大きく設定する方法(ロリポップ編)

ネットでよく見かける次の2つの方法は無視して下さい。
1..htaccessに希望の容量を書き加える。
2.希望の容量を記したini.phpファイルをルートディレクトリにアップする。
ロリポップの場合はコントロールパネルの左サイドメニュー「WEBツール」より「PHP設定」を選択。
「php.ini設定」画面でupload_max_filesizeを変更します。
どうも20MBまでしか増やせないようです。
念のためWordPressのダッシュボードの設定でも「サイトのアップロード容量割当」を
20MBに書き換えておいた方が良いでしょう。
「チカッパ」プランはもっと自由度が高いかと思いきや、これを書いている時点では「ロリポ」プランと同じです。
前述の2つの方法が通用するなら、アップロードできる容量ももっと自由に増やせると思うのですが、
ロリポップの場合はサーバー側で制限をかけているんですね。
写真を極端に多くアップする人はどうするんでしょうねぇ。
20MBを超えるようなことは考えられないのだろうか。

以前書いたコメント投稿フォームの改造は間違っていた。

改造と言ってもフォームのタイトルやinputのラベル名を変更するくらいの簡単なものでしたが、
これを日本語への翻訳ファイルを使うやり方ははっきり言って間違っていると思います。
やり方の一つだとも言ってはいけないように思います。
理由はバージョンアップの度に変更しなければならないからです。
こんなことは最初から分かっていたのですが、簡単な方法だからつい飛びついてしまったわけです。
文字の変更だけであったにしても、ここはテーマフォルダ内のfunctions.phpに手を加えるべきです。
そうすれば自分自身も楽になるし、また少しはWordPressを上手く使っていくための勉強にもなります。
因みに「タグと属性が使えます」云々の表示が必要ない場合も
スタイルシートのdisplay:noneを使うよりもfunctions.phpで処理した方が良いでしょう。
理由は、表面上は見えなくてもソースにはしっかり残っているからです。

タイムゾーン問題

これが関わってくるのは、だいたいアクセスカウンターを設置している場合ではないだろうか。
それ以外は「設定」→「一般」で東京に設定しているのだから、意識することはない。
よくwp-settings.phpの’UTC’をいじればOKって書いている人がいるけど、
これは確かに機能するけど止めておいた方が良いと思う。
バージョンアップの度に変更しなければならないのは感心しない。
一番の対処法はカウンターのスクリプトでタイムゾーンを設定すること。
簡単に設定できれば問題ないのだが、できない人は簡単にできるものを
最初から選ぶべきでしょう。
因みにここではvcounterを利用させて頂いています。
残念ながら設定の項目にタイムゾーンに関するものはないので、
必要な一文を加えている。
余談ですが、このスクリプトにはオンラインのカウント機能はありません。
それにオンラインのカウントには言うまでもなく、タイムゾーン問題は関係ありません。

バージョンアップとともに、また変わってしまった。

ログイン・ログアウト画面のロゴはどうしてもワードプレスの丸にWのマークを表示させたいみたいですね。
WPにはお世話になっているものの、クライアントさんにはあまりこのツールのことを意識させたくないので、
独自のバナーを表示させるようにfunctions.phpをいじっている。
バージョンアップのことを考えると、間違ってもwp-adminフォルダ内のファイルをいじってはいけない。
functions.php内にスタイルを書くのだが、当然wp-admin.min.css内のスタイルと重複する訳だから、
!importantを使って優先順位を上げてやらなければならない。
今回はバナーのサイズも縦横10pxずつ大きくすることにした。
この辺は絶対に変更して欲しくないというところはあるんだけど、そんな勝手なことも言ってられないのかな。

バージョンアップはいいけど・・・

3.6は色々変更点はあるようだけど、デザイナーとしてはワンカラムになったことが
一番大きな話題かなぁ。
今までサイドバーにあったものがフッターウィジェットに行くとなると、
記事の表示件数が多かったり記事自体が長くなったら
スクロールが大変になると思う。
移動のためのボタンを設置しても一手間かかるしね。
今確認したら、「外観」→「ウェジェット」で2カラムには簡単にできるようだ。
しかしここまでくると、最早ブログとしてのツールではないな。
となると、サイトを構築する場合はWPでという流れが益々強くなると思う。
W3CもWPを大いに意識して欲しいね。

バージョンダウンと感じるもののひとつ

マルチサイトを構築していると、ちょっと厄介な問題に遭遇する。
何かと言うとパーマリンクの設定だ。
親サイトと呼ぶべきかメインサイトと呼ぶべきか知らないが、
ドメイン/の次にblog/が必ず入るようになった。
サブのサイトは今まで通り何の問題もない。
これまでは逆にblogという文字は使うことはできなかったはずだ。
もっともこれは、サブのサイトでのことではあったが・・・。
メインのサイトにblogというディレクトリは必要ないと思って外そうとしても
なかなか難しい。
テーマフォルダ以外のフォルダに入っているファイルを弄ると簡単にできそうだが、
これをやるとバージョンアップの度に書き換えが必要になってくる。
デフォルトでは何も入らないようにして、必要な人は入れることができるように
何故しなかったのか不思議だ。
色々と思案した挙句、プラグインがあったのでそちらで対応した。
ただ、設定画面では変化なくblog/が入ったままだ。
個人的には、まったく余計なことをしてくれるなぁ~と感じている。

スマホからの投稿

あるクライアントさんから、「WordPressはスマホから写真が貼り付けられなくなった」という連絡を頂いた。
このクライアントさんの場合、正確にはWordPressはスマホのブラウザから見ておりアプリは使っていない。
急いで確認してみると、「メディアを追加」から表示されるアップローダーは「ファイルを選択」ボタンが効かないことが分かった。
スマホから投稿したことがなかったので、バージョンアップしたWordPressでは写真がアップできないなんて全然知らなかった。
今やWordPressもFacebookとかTwitterのように、スマホではブラウザではなくアプリで見る時代なんだと気付かされることに。
そこで、早速アプリをインストールして貼り付けてみたのが下の写真。
image
この結果を得て、クライアントさんにはアプリをインストールするよう勧めた。

ヘッダーのイメージで少し遊んでみる

jQueryのプラグインでスライダーのカッコイイやつを見つけたので、ちょっと導入してみることにした。
ただし、もともとカスタムメニューでjQueryを利用して動きを付けていたので、簡単にはいかなかた。
カスタムメニューは問題なく動くのだが、スライダーの方が止まったままなのだ。
色々と調べてみるとjquery.jsではなく、jquery.min.jsでないと動かないことが分かった。
何もしないとwp-includesフォルダ内のjquery.jsが自動で読み込まれるので、
テーマフォルダ内のfunction.phpをいじって、グーグルよりjquery.min.jsだけが
読み込まれるようにした。
これも調べてみると、最新のものにすると不具合を起こす可能性があるということで
1.7.1を導入することに・・・。
結果はご覧の通りですが、残念ながらIE8以前のブラウザでは真面に動いてくれない。
ローダーをバーにすれば良いのかもしれないが、IEの都合で自分の好みを変更する気はないので
しばらくはこのままにしておくつもりだ。
一番の問題であったカスタムメニューとのコンフリクトも解消されたし、次はキャプションを
入れることに挑戦しようかと思っている。