まあ、そんなもんだろうな。

auのスカイプが2011年の11月まで無料とある。
何やかやと能書きはやたらと長い。
FAQも充実しているとは言えないが、一応掲示してある。
だが待てよ、消費者が一番知りたいのは2011年12月以降の使用料である。
そのことに関してはどうもお茶を濁しているようだ。
検索してみても「別途アナウンスします」ということしか出てこない。
これでは消費者の心を掴むことはできないだろう。
無料無料と声高に叫んでおいて、1年経てば高い使用料を請求するというのでは
悪徳商法の典型ではないのか。
この手の手法はWEBサイト制作の分野でも、どこかで聞いたような気が・・・。
まあ、何れにしても1年間は様子を見た方が良いということだろう。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*