消費者を甘く見ていると・・・

絶対に自ら潰れるだろうなぁ。
まあ、何のことかと言うと企業・会社・団体などなど。
その中でも今日は運送会社の話。
便利なネット社会になって、荷物を送った場合
今その荷物がどの辺りにあるのかという追跡ができるようになった。
消費者としては大変有難いサービスだと思う。
おまけにショップからは発送完了のお知らせが届くし、
注文する側としては大体いつごろ商品が届くのかが分かるので
留守をして再配達などの迷惑をかける事態も避けることができる。
最近は発注から発送までのスピーディーさを売りにしているケースが実に多い。
そんな中、起こったのが今回のケース。
ショップからの配達予定日より実際に荷物が届いたのは3日後だった。
あくまでも予定だろうが、あまりにも酷すぎる。
しかも配達予定日には、ちゃんと荷物は配達店に届いていたのだ。
改ざんしようと思えば、いくらでもできるが一応追跡の画像をアップしておく。
20130521会社の名誉のために中継所とかはぼかしておいたが、体裁を見れば会社名は直ぐ分かるだろう。
佐川とかヤマトではないことは確かだ。
こんな怠慢なことをやっていたら、絶対に消費者は逃げていくと思う。
ショップにしたって、そんな運送会社を使っていたらお客はつかないだろう。
本当に大人げなかったが、いつもだったら「ご苦労様」とか「お世話になりました」って声をかけるが、
今日は「どうも」ぐらいしか言葉がでてこなかった。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*