よくMSが許しているなぁ

ヤフオクでWindows8やOffice2013を見てみると、プロダクトキーなるものが安価で売られている。
認証が厳しくなったので、このような商売が成り立つのだろうが、いかにも胡散臭い。
価格はというと1,000円から2,000円といったところか。
インストールはどうするかというと、評価版をダウンロードして
それを先ずインストールして、最後にプロダクトキーを入力して製品版に
移行させる場合が多いようだ。
評価版には電話による認証のツールがないため、販売者を介してMSとやり取りするようだ。
間違っていたら御免なさい。
インストールのためのメディアが手許にあったとしても、一回きりの認証しかできないのだから
あまり意味がない。
例えば、同じ所有者でもPCのマザーボードを取り替えたりしたら
別のプロダクトキーが必要になる。
疑問に思うことは、売人はどこからどのようにして、そのようなプロダクトキーを手に入れているのだろうかということだ。
しかも正規品と書いてあるので、すんなり認証も通るようなのだ。
ただ、商品の説明を見ていると、これは日本人が書いた文章ではないなと直ぐに分かる。
日本語ってちょっとした敬語も難しいとは思っていないようだ。
お隣の国のどこかで誰かが、認証がすんなり通るプロダクトキーを生み出す魔法のソフトを開発したのだろうか。
それとも評判があまりよろしくないので、MSがソフトを投げ売りしてでもシェアの拡大を狙ってのことなのか。
真相は闇の中といったところか。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*