webサイト制作を業者に依頼するとしたら・・・

事前に必ずやっておいた方が良いことと言えば、
独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約。
理由は、いずれも自分でやれば格安でできるからだ。
ドメインに関しては、例えば.com、.net、.infoなどの汎用ドメインであれば1,000円程度。
.jp、co.jpなど比較的高いドメインでも3,000円程度。
どこかの会社だとキャンペーン中であれば、初年度だけ10円なんてのもある。
レンタルサーバーの方はピンキリだし、サイトの用途やファイルのサイズによって
決めるべきということもあるので、一概にはいくらとは言い難い。
ただ言えるのは、安いサーバーは制約も逆に多いということだ。
中小企業の規模であれば、月に500円もかければ十分ではないだろうか。

以上のことを考えれば、ドメインとサーバーに関しては年7,000~9,000円ぐらいは
かかるということだ。
この額で業者が代行してくれるというのなら、お願いするのも良いだろう。
ただ、そんな業者があるかどうかだし、他のことも含めての額しか言わないだろう。

以上のことは業者が良心的かどうかの重要な判断材料になる。
もし、業者がドメインとサーバーに関しては自分でやることをアドバイスすれば
信頼できると言って良いだろう。

「続きを読む」(read more)の対策

今日の話題は分かりやすいように最初に例(続きを読む)を挙げる。↓

続きを読む
記事が長くなったとき、ページ全体の縦幅が長くなって
閲覧者にスクロールのストレスを与えてしまうのではないかと不安になる。
そんなときに使えそうなのがmore機能だ。
投稿画面テキストエリア上のmoreというクイックタグをクリックするとタグが自動的に挿入される。
しかし、この機能だと「続きを読む→」をクリックしたときに、記事個別ページに
飛んでしまうのだ。
この方法ではなく、ページを移動せずに記事の隠された部分を伸長して表示させる
ようなプラグインが欲しいところだ。
read moreやexpand postなどで検索してもなかなか自分好みのプラグインが見つからない。
試しにspoilerというワードで検索してみると同じ機能のプラグインが見つかるかもしれない。
ただし、導入したとしてもmoreのクイックタグが使えるか疑問だ。
プラグインは見つかっても、あとはスクリプトを弄らないとなかなか自分好みのものは得られない。

我流の対策法を一つ

マルチブログやマルチサイトにおいて、同じプラグインは使いたいが
利用するスタイルは異なるものになるという場合はどうするか。

もちろん、テーマフォルダ内のstyle.cssで処理すれば問題ないだろう。
しかし、プラグインの方にスタイルシートが用意してあるので
そちらを使いたい人もいるだろう。
そのような場合はプラグイン名を変更すると良い。
ただし、メインファイル内の冒頭コメントも変えておくことをお忘れなく。
何故ならば、そこで管理画面での名前が決まるからだ。

絶対余計に払わされている!

WEBサイト制作費を払うときに、サイトの構成やデザインにかかる費用以外に
一体いくらぐらい払っているんだろうと考えたことはありますか。
制作費が高くつくのは、ざっと次のような理由が考えられるだろう。

  • 営業マン、デザイナー、事務スタッフなどの人件費
  • 交通費や事務所の諸経費(家賃、電話代、水道光熱費など)
  • 設備にかかる経費

これら以外に、例えば福利厚生費に回す分とかがある。

以上のことを考え合わせると、個人でこつこつと真面目に制作している
デザイナーに制作を依頼した方が良いのではないでしょうか。

どこかで、自分たち(ここは二人でやっているらしい)は平均的な制作費の半分でできると
豪語しているのを見かけたが、私だったら1/4~1/3でできる自信はある。

覚えておいた方が良いことを一つ発見!

マルチユーザーまたはマルチブログ(サイト)を管理する人は
覚えておいた方が良いことを見つけた。
「特権管理者」メニューの中の「テーマ」では名称はどこで決まるのかということだ。
それはテーマフォルダ内にあるstyle.cssファイルで決まる。
4行目辺りにあるTheme Name:のところに書いてあるものが
テーマの名称として表示されるようになっている。
コメント部分だからといって、ここは消去しないように注意するべきだ。

カスタマイズも楽じゃない

Ver.3になって確かに機能はアップしたかもしれないが、
デザイン的にはどうだろうか。ちょっと疑問符が付くのではないだろうか。
例えばコメントフォームの名前やメールアドレスを入力する欄だが、
ちょっと広すぎるんじゃないかなぁ。
好みの問題かもしれないが、コメントを入力するテキストボックスの半分にしてみた。
ついでに、“タグや属性が使えます”っていうコメントは表示されないようにした。
これって使う人はほとんどいないだろうと勝手に判断したからだ。

月毎のアーカイブ表示

前のバージョンでは画像も表示されていたが、
Ver.3では表示されなくなった。
文字のみの表示にして、できるだけ多くの記事が見渡せるようにとの趣旨であろう。
しかしながら、表示か非表示かは選択できるようにして欲しかった。
今のところ、調べ方が悪いのか画像を表示できるようにするプラグインも
出ていないようだし、PHPコードを弄っての有効な解決策も見当たらない。
どなたかご存知だったら、是非ともご教授願いたい。

ビジネスブログに必須ともいえるナビメニュー

Ver.3では「カスタムメニュー」という機能が追加された。
twentytenのテンプレートにはヘッダーに最初から挿入されている。
ただ、私見だがこの機能使いやすそうで、ちょっと困ることがある。
何かというと、cssのセレクタがやたらと付くのだ。
その割には自由度が今一のような気がする。
ここは、プラグインのダウンロード数で分かる人気度が高いNAVTを導入することをお勧めしたい。
IEでは動かないようだが、そこはFireFoxを使ってものにしよう!
ソースに半角スペースが余計に入るバグはあるが、
有難いことに日本語化がなされており、視覚的にも非常に洗練されていると思う。
もちろんマルチレベル対応だ。

ここにも糞ブラウザと呼ばれる理由が・・・

画像拡大やスライドショーによく用いられるLightboxだが、
Ktai Entryで投稿すると、IE7やIE8ではうまく機能しない。
ダブルクオーテーションがシングルになってしまうのが原因のようだ。
これはWordPressの仕様なので仕方ない。
私が標準ブラウザだと思っているFireFoxでは問題なく機能する。
みんながFireFoxで閲覧してくれるなら悩む必要はないのだが、
糞ブラウザなのにシェアが大きいIEを無視してはいられない。
あ~あ、世の中ってこんなもんなのかなぁ。

ドメインは会社の顔ですよ!

最近、株式会社なのにドメインが ○○.net というのを見かけた。
株式会社であれば、普通は ○○.co.jp と思いますがねぇ。
見栄を張るというわけではないが、少々高くついても
会社のネームバリューや信頼性を考えると co.jp にしておきたいところ。
そこのWebサイトを見ると、やはりソースも酷いものでした。
こんなことでは、絶対に良い会社とは思われないね。