Windows 10をアップデートしたら機能が一部制限されたアプリ

例えばTVのアプリで画面はちゃんと映るのに音声が出ないという現象に遭遇したら、
普通はドライバーの更新を試みるだろう。
しかし、何度やっても「既に最新のドライバーがインストール済み」と表示されるだけ。
メーカーのダウンロード用のウェブページを開いてもドライバーが更新される気配は一向にない様子。
このような場合は、アプリをWindowsの下位互換で起動させると問題が解決されるかもしれない。
方法はごく簡単だ。
先ず、デスクトップ上の目的のアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択する。
次に、「互換性」のタブを選択すると、「互換モード」という項目があるので、チェックを入れて実行すればOKだ。
一回実行すれば次からは同じ方法で起動してくれるので有り難い。
どのアプリにも通用するかは、やってみないと分からないが試してみる価値は大いにあると思う。
メーカーもドライバーを更新するつもりがないのなら、この方法を明記しておくべきだろう。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*