アクセス数だけでは一喜一憂してはならない理由

Google Analytics なるものがある。
登録しているサイトの閲覧者がどこからアクセスして
どのくらいのページをどのくらいの長さ見たのかが
分かるようになっている。
例えアクセス数が多くてもサイトにいた時間が短かったり、
フロントページ以外は見ないなど、実質アクセスしていないも
同然というケースがある。
アクセス数の多さでサイトの人気を自慢する人をよく見かけるが、
フロントページを一瞬見ただけというケースも当然カウントしている訳だから、
あまり感心しない方が良いだろう。
このツールはサイトを運営していく上で、改善すべきものを見出すために参考になるし
まあ、ある意味ヤジウマ的な面白さがあるので、一度試されては如何でしょう。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*