ありがた迷惑な機能

ロリポップには、ウェブページを不正に改ざんされるのを防ぐためのWAFが導入されており、
これを有効にするかどうかはユーザー次第である。
ただ、以前に大規模なサイバー攻撃を受けてからは、ロリポップの方でこの機能をすべてのドメインに対して
有効に変更したんじゃなかったかなぁ。
このことを忘れている人は、例えばCGIでスクリプトの設定をブラウザ上で行うときは
真っ先に思い出す必要がある。
忘れている場合は、自分の設定ミスが原因ではないかと思い込み、
リモートフォルダやファイルの属性やパスを確認したり、
htaccessファイルを疑ったりと色々思い悩むことになる。
もし、以前は確実に機能していたのであれば、これはもうWAFが原因だと考えましょう。
大体筆者が運営しているような稚拙なサイトなど、誰も改ざんしようなどとは思わないでしょう。
ただ、心配性なクライアントさんには説明して理解してもうらうまで大変です。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*